はっちいの気ままなひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 気になる。生活保護親族からの援助厳格化の動き

<<   作成日時 : 2012/05/28 16:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日、某お笑い芸人の母親が生活保護を最近まで受給していたことに対して批判が相次いでいる。ついに、謝罪会見まで開くという騒ぎになってしまった。
 気になるのは、これはあくまで個別の問題であるにもかかわらず、これを機会として生活保護の受給を厳格化にする動きがあることだ。特に、親族からの援助を義務化するという動きがあるそうだ。
 これは慎重にも慎重でなければならないと思う。援助したくとも経済的な理由で援助できないというケースは少なからずあると思う。例えば、国民年金しかもらっていない人が子供の面倒を見ろと言われても困難だと思うし、派遣社員のような不安定雇用の人が、親の面倒を見ろと言われても単純にいかないだろう。つい先日は、生活保護が受けられずに餓死者を出してしまったことに対して批判の声が上がったばかりである。必要なのは、厳格化ではなくて必要な人は誰でも受けられるようにすべきだろう。
 もっと言ってしまえば。今回この件が発覚したのは、某国会議員が自分のブログで告発したのがきっかけであるということだそうだ。その議員は今朝の民放番組で自慢そうに語っていたが。しかし、政治家ならそんなことより、国民の懐を温め、だれもがお金の心配をせず暮らしていける社会を作ることに力を注いでほしいと思う。例えば、誰もが正社員として働ける世の中を作る。最低暮らせるだけの年金を保障する。などのように、雇用対策や福祉の充実など国民本位の政治をやっていけば、自然と生活保護に頼る人も減っていくだろう。政治家なら、強権的に押さえ込むやり方でなく、もっと根本的な視点で考えてもらいたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
気になる。生活保護親族からの援助厳格化の動き はっちいの気ままなひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる