はっちいの気ままなひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 謹賀新年

<<   作成日時 : 2009/01/01 15:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 波乱続きの2008年が去り、新しい2009年がやってきた。この間いろいろ書きたいことはあったが、パソコンの調子が悪くなってしまい、ついにWindousが起動しなくなってしまったため、再セットアップを行ったりして、ようやく使えるようになったら、月末で忙しくなりブログどころではなくなってしまったため、結局新年を迎えるまでなにもできなかった。
 話を戻して、冬型が強まり大雪との予想が出て、それなりの覚悟をしていたが、思ったほど雪は降らずかえって時々青空も見える天気となり、この時期にしては穏やかな始まりと言える。
 しかし、そんな天気と裏腹に、東京では、いわゆる派遣切りで職も住むところも失った人のために、年越し派遣村が開設されたそうだ。多くの支援物資やボランティアが集まっているそうだ。こういう人と人とのつながり、助け合いは本当にいいなあと思う。世の中捨てたものではない。
 しかし、子供の時、将来夢見た社会がこんな姿になっているとは思いもよらなかった。真面目に一生懸命働けば、報われるし幸せになれる、昔はこんなふうに教えられた。今の子供にこんなこと自信をもって言えるだろうか。とっても言えるような社会ではない。
 今回雇い止めになった人は、決して怠けていたとか、働きが悪かったとかそんなことはない。正社員並みかそれ以上に貢献している人も多い。「将来は正社員になれる」その言葉を信じて一生懸命がんばってきた人もいる。その人にこのような仕打ちである。しかも、寮まで追い出すというのは非人道的行為といってもいいだろう。このような企業の責任と、欧州諸国とは違い、指導もできない政府の責任はもっと問われるべきだろう。

 昨年の話で恐縮だが、麻生首相がハローワークに視察に行った際、就職相談に来ていたある青年に、どんな仕事をしたいか、決めてからでないと仕事は見つからない、といったようなアドバイス?を行ったそうである。世間知らずのお坊っちゃんが言ったならいいが、いみじくも一国の首相である。どれだけ実態を知らないのだろうか。今は業種を選んでいるような実態ではないのである。

 今年は、働いているものが報われる社会になってほしい。そのために私も微力ながらがんばっていこうと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
謹賀新年 はっちいの気ままなひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる