新しいビデオゲームの形となるか。ネシカクロスライブ

 最近いわゆる普通のゲームセンターに行ってもやりたいゲームがないから、80年代テイストのゲームセンターばかり行っている私だが、今後は安心して?行くことができるかもしれない。それは、タイトーから出されている「ネシカ」のおかげである。
 ネシカというしくみは、簡単に言ってしまえば、回線を通じてゲームを配信するしくみ。これによって、1台の筐体で複数のゲームを楽しむことができる。逆にゲームの結果をフィードバックしてスコアランキングなどに反映させることもできる。これは、家庭用ゲーム機では一般的になりつつあるが、業務用でこのシステムが導入されるのは画期的と言っていいと思う。
 しかもこのしくみのいいところは、配信されるのは最新のゲームだけでなく、まだ数として少ないが往年の名作も配信されていることである。これによって、レトロゲームが一般的なゲームセンターでも楽しめる環境が整ったということになる。今のところ、自分がネシカで楽しんでいるゲームは「パズルボブル」と「スペースインベーダー」であるが、今後も配信は続くと思うので、自分がお気に入りのゲームが配信されることを期待しているところである。
 もちろん、いわゆる名作と呼ばれているゲームは、家庭用のゲーム機に移植されていることが多いので、わざわざゲーセンまで行ってしかも100円を投入してまでやる必要はない。しかし、もともと業務用だったゲームはやっぱりゲーセンでやった方がいいに決まっている。
 このネシカを製造しているのは、老舗ゲームメーカーのタイトーなので、今後はタイトーのゲームが配信されることが多いと思われる。まだ配信はないが、ナムコやセガの往年の名作も配信されることも期待できる。問題はそのニーズがあるかどうかだが。期待しながら今後を見守っていきたいと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック