昭和レトロ満喫

画像

 今日は午後から新潟市で会議があったので出かけたのだか、比較的短時間で終わることになっていたので、そのまま休みをとることにした。なぜなら、行きたかったところがあったからである。
 バスセンターがある万代シテイのビルボードプレイス/BP2に、昭和の時代の懐かしいものが展示されている施設、万代パビリオンなるものがオープンした。新潟には月に1回は行くのであるが、いつも用事が終わったらすぐ長岡に帰ってこなければならない。だから、いつも残念な思いをしていたのであるが、今回念願かなってやっと行くことができた。
 すでに入口から懐かしさが漂い期待はふくらむ。入口で500円払って中に。中は、昭和のフィギュア、人形、おもちゃ、雑誌などがところせましと並べられていた。(撮影不可なので写真はなし)
 あらゆるものが展示されていたが、やっぱりどうしてもレトロゲームに目がいってしまう。なんと、スナックを再現した建物の中に、純正テーブル筐体のミサイルコマンドが置いてあった。ただ、残念ながら電源は入っておらず、しかも、柵で仕切られ中には入れないようになっているので、泣く泣く指を加えて眺めるだけ。また、昭和の子ども部屋を再現した展示の中に、TVゲーム15があった。これは子供の時に欲しかったが、値段が高く、今ではどこの家でもTVゲーム機ぐらいあるが、当時は一般的ではなかった。これも、電源が入っておらず、しかも、当然のことだが、部屋の中には入れないから遠目で見るだけとなった。
 残念であるが、貴重なものを見た。BGMでかかっていた曲は昭和のアニソン。そんなこともあってなんだか暖かい気持ちになれた。やっぱり来てよかった。

 ちなみに、新潟から長岡に帰る交通手段として、時間に余裕があったので、久しぶり普通列車に乗って帰ってきた。別にねらったわけではないが、昭和を代表する電車115系であった。しかも、比較的製造が古いものであったと見えて、天井に扇風機が付いていた。正直モーター音はうるさいし、すきま風は入ってきた寒いし、気のせいかもしれないが、上から粉雪が降ってきたかのように冷たく感じることがあった。最新の通勤電車に比べれば居住性は必ずしもよろしくはない。しかし、毎日通勤で乗る人は大変だと思うが、私のようにたまに乗る分にはかえってこの方が旅情をかきたてられていい。いかにも雪国を走る電車という感じがして。そうそう、行きに乗った新幹線は200系だったし。
 昭和レトロを堪能できた一日であった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック