スーパークールビズ 何を着るかは任せてほしい

 大震災の影響で、今年の夏は電力不足が予想されることから、政府は一律15%の電力削減目標を設定した。その一環として、環境省はスーパークールビズを提唱した。それによると、ポロシャツやジーパンの出勤も認めるということである。しかし、だからといって何でもいいというわけではなく、無地じゃないTシャツやハーフパンツは認められないということである。
 環境省が提唱する前から、私は真夏はTシャツにジーパンで出勤しているので、何をいまさらという思いもある。あまりに暑い日はハーフパンツで出勤したこともあるので、環境省の基準でいうとアウトということになるのだが。
 そもそも、制服があれば別であるが、そうでなければ背広じゃなければダメとだれが決めたのか。今回の場合であれば冷房28度でも耐えられる服装であること。これだけで十分だと思う。この服装はダメとかそんなことはいちいち指図するような問題ではないと思う。いい大人であればそれぐらいの分別はつくだろうし、そもそも服装で人を判断するのもどうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック