民意をなんだと思っているの

 最近いろいろ腹の立つことが多い。なにがって。
 沖縄の名護市長選が行われた。結果はご存じの通り、米軍基地移転反対を訴えた候補が当選した。
 この候補には、今の政権与党が推薦しており、しかも、総選挙のマニフェストには県外・国外移設を掲げ、地元沖縄ではその候補が全員当選した。だから、てっきり、この結果を受け、辺野古沿岸への新基地建設は断念します、と宣言するかと思った。そして、アメリカに対しても、これが沖縄の民意だからということで説明し、交渉するのかと思った。
 ところがである。「名護市長選の結果を斟酌しなければならない理由はない」「地元が受け入れに応じなければ法的決着もありゆる」と驚くべき発言が起こった。しかも、官房長官の発言というから二重の驚きである。これは、お上の言うことに従えと言わんばかりである。民主主義というものを本当に理解されているのだろうか。
 当然のことであると思うが、与野党や各層から批判が相次いでいる。しかし、未だに発言を撤回していない。もし、考えを変えたのであれば、国民に十分な説明をした上で、改めて信を問うてほしいと思う。それだけこの問題は重い問題だと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック