快挙!新潟県勢初!日本文理高校野球決勝進出。優勝旗は親不知の難所をこえるか

 おそらく新潟県民のほとんどの人が想像していなかったであろう。今年の夏の高校野球選手権大会で、新潟県代表として出場している日本文理高校が見事に決勝進出を果たした。かつて宮城県在住時に東北高校が決勝戦に進出したことがあったが、今回は出身地の高校が決勝進出ということもあり灌漑深い。今日の午後1時から決勝戦である。しかし、私としてはここまで来たら、勝ち負けに関係なく自分たちのやってきた野球を精一杯やってほしいと思うだけである。
 それにしても、かつて新潟県代表は甲子園で1勝上げれば大健闘という時代が長く続いた。それを考えると新潟県の高校野球もいつのまにかレベルアップしていた。一般的に雪国のチームは冬期間練習が十分できないから不利であると言われてきたが、最近は北海道、東北のチームも活躍しているからいちがいにそうとも言えなくなってきているのだろう。
 高校野球は他の競技に比べて、学校の代表としてよりも地域の代表として脚光を浴び過大に期待される面が強いように思う。もちろんそれが選手の励みにもなっていると思うが、プレッシャーに感じてしまうことが大きいような気がする。そう考えると気の毒に思う。ただ、今回の文理高校の場合、回りは大騒ぎをしているが、選手はいたって冷静であるようである。健闘をお祈りしたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック