こんなこと許していいの?前日に内定取り消し

 先日、耳を疑うようなニュースがあった。ある会社が、入社式の前日に内定者全員の内定を取り消したというのだ。会社の説明では、必要な融資を受けられず操業を停止していて、給与を支払う見込みがないためと、やむない判断だったと弁解しているが、社会への第一歩を踏み出したところで、いきなり路頭に迷わすようなことをした責任はどのように考えているのだろう。謝ってすむ問題ではない。
 だいたい、内定取り消しという最悪の結末を回避するための努力はしたのだろうか。仕事がなければ、その期間みっちり研修を行って、即戦力になるように育て上げるというやり方もあっただろう。また、事業が安定するまで休業補償した上で、課題を与え自己啓発の期間にあてるという方法もあっただろう。法律的には問題があるかもしれないが、クビよりはましである。さらに、融資先にも、前途ある若者を路頭に迷わすことはできないとの立場で、粘り強く説得したのだろうか。とにかく、単なる謝罪だけでなく、誠意ある対応をとってほしい。
 それにしても、このような内定取り消しや、これも問題になった派遣切りなど、人間をモノ扱いする風潮が広がっていることは嘆かわしいと言わざるを得ない。派遣切りのケースであったような、仕事を取り上げた上で、住む場所からも追い出し、寒空に放り出すようなやり方は、人間のやることだろうか。でも、心ある経営者・財界人から、このような風潮に対し、批判がなされていることは救いである。一人一人の人間が大切される社会。理想ではあるが、これこそが日本社会が進むべき道であると思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

通行人
2009年04月04日 16:58
この会社は内定取り消しをした3月31日に全従業員も自宅待機を命じているようです。
しかし、仕事自体は700億の残があるようですよ。
はっちぃさんの思われている状況とは違うようですよ。
年度代わりの本決算時に資金不足となったのでしょう。良そうですが手形商売はしてなさそうですね。現金だけで回していたように感じます。
はっちい
2009年04月10日 21:59
 通行人様、情報下さりありがとうございます。
 ニュース記事を見て、あまりにひどいと思いまして、一筆書いた次第です。
 仕事が残っているのならなおさら。
 労働者の生活を守ることは、経営者の責務であると思いますが、それができないのであれば、政府が指導すべきと思います。

この記事へのトラックバック