はっちいの気ままなひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 風評被害の一言で片付けられるのは…しっかり責任をとるべき

<<   作成日時 : 2011/11/04 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 東日本大震災の被災地を応援しよう、との呼びかけには誰も異論を唱える人はいないだろう。しかし、福島県産の農産物を買って食べましょう、ということには二の足を踏む人が多いようにみえる。
 今、このような矛盾した出来事が起きている。この原因が、福島第一原発事故であることはいうまでもないことである。一番責任があるのは東京電力であることは間違いないが、一番被害を被っているのは福島県の人々のように思われる。TVで見たが、大切に育ててきた桃を捨てる場面、今年収穫した新米が売れずに倉庫に積み上がっている映像を見て本当にせつなかった。
 これを風評被害の一言で片付けてしまうのはあまりにも責任を放棄している感じがして腹立たしい。まず、東京電力は全面的に賠償するのはもちろん、来年以降農業ができるように、土地はもちろん、農機具や農民の生活まできっちり補償すべきである。マスコミも猛反省してほしい。風評被害を作ってしまったのは自分たちの責任だぐらいとらえてほしい。そして正確な情報を流してほしい。もちろんなんら対策をとってこなかった政府にも責任はある。
 不思議なのは、いずれも責任をとって誠意ある対応をしようという態度が感じられないことである。いつも泣かされるのは庶民だけ、という世の中はやっぱり変えるべきだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
風評被害の一言で片付けられるのは…しっかり責任をとるべき はっちいの気ままなひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる