はっちいの気ままなひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 改めて問う、郵政民営化はなんだったのか

<<   作成日時 : 2009/02/24 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 少し前の話になるが、麻生首相が、国会答弁で「郵政民営化には賛成でなかった」「私は民営化の担当大臣ではなかった」という責任逃れの発言をした。一方で小泉前首相は、「今の衆議院の議席は、国民が郵政民営化を支持して与えたもの」と批判した。そんなお二方に見てもらいたい写真がある。
画像

 これは、所用がありJR宮内駅付近に立ち寄ったところ、郵便ポストがあることを発見し、手紙を投函しようとしたところ、翌日の午後まで収集しないことがわかり、結局職場近くの長岡郵便局で投函した。正直言ってビックリした。
これ以外にも、自宅のそばの郵便局は以前は郵便物の集配を行っていたため、土日でも窓口は開いていたが、今は収集を止めてしまったため、平日しか開いていない。しかも不在郵便物を受け取るためには、市内中心部にある長岡郵便局まで行かなければならない。
 たしか民営化しても、今のサービスは維持すると言っていたのではないか。これでは話が違う。民営化したのだから、利益を追求しなければならない、という考え方もあるが、それで地方の郵便サービスを切り捨てるのであれば、民営化なんかしない方がよかったのでないかと思う。
 政治家のみなさんは、無責任なことばかり言っていないで、民営化以前のようにサービスが受けられるように見直してほしいものである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
改めて問う、郵政民営化はなんだったのか はっちいの気ままなひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる