はっちいの気ままなひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 今や貴重な存在、いわゆる昔ながらのゲーセン

<<   作成日時 : 2008/11/03 11:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昔のゲーセンは、いわゆるビデオゲームが主体であったが、今のゲーセンは(もっとも今はゲーセンといわずアミューズメントというようだが)UFOキャッキャーなどのプライズ、麻雀などのオンラインゲーム、そしてメダルゲームが主体で、ビデオゲームはすっかり影が薄い存在になっている。まあ、これは時代の流れでありしょうがない。このことについて文句をいうつもりはない。

 しかし、そんなご時世なのに、いまだにビデオゲームを主体とした、昔ながらのいわゆるゲーセンが存在する。私にとってはとってもありがたい存在。今は、ゲーセンに行かずとも、家でもパソコンやプレステで好きだったレトロゲームをいくらでもできるのだが、やっぱり、ゲーセン独特の喧騒の中、100円玉を筐体に投入し、大画面を見ながらレバーとボタンで操作する、あの臨調感は家庭では絶対実現できない。そんな私の御用達の店を2店紹介したいと思う。

 1つが、長岡市の南部、要町にあるテクノポリスである。ここは、かつて長岡市内では唯一の映画館(もっとももっと昔、私が子供の時は市内中心部に映画館がかつてあったが)であった、シネマチャオと同じ建物に入っているゲーセンである。ここは、格闘ゲームが主体であるものの、ビデオゲームが主体であり、昔ながらのゲーセンの雰囲気が味わえる。レトロゲームも少しではあるが存在する。これからの季節は、ミルクたっぷり砂糖なしのホットコーヒーを飲みながら、心ゆくまでビデオゲームを楽しむのが至福のひとときとなるだろう。

 気が向いたら、もう1店紹介したいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今や貴重な存在、いわゆる昔ながらのゲーセン はっちいの気ままなひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる