はっちいの気ままなひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 株価暴落本当の犠牲者は

<<   作成日時 : 2008/10/27 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 本来であれば、昨日は総選挙の投票日で、ひょっとしたら政権交代が起こっていたかもしれない。しかし、総選挙はのびのびになっており、年内に行われる可能性も低くなったという。今、現在では、「やらない」という決断もできない状況になっている。もっとも、与党が過半数割れすれば、せっかくつかんだ総理の座を失うことになるのだから、気持ちがわからないわけではない。
 総選挙が伸びている理由(口実となっている?)に、株価の急落がある。今日はバブル崩壊以後最安値をつけた。ニュースでは投資家や企業から景気対策を求める声があがっている。政府も銀行を助けるための対策はいつでも実行できるようにしているようだ。
 しかし、なかなか、ニュースでは報道されていないが、景気低迷を理由に、企業で人減らしが行われているそうである。しかもその方法というのが、派遣社員の契約を更新しないことによって行われているという。正社員を解雇する場合は、正当な理由がなければ解雇の乱用となるが、派遣社員の場合は、コスト削減という理由でなんら問題ないそうだ。まさに、物件費と同じ考えでモノ扱いである。派遣社員の場合は、仕事がなくなることは、収入減に直結する。しかし、派遣先にも派遣元にも物を言える立場にはない。いつの時代もそうだが、弱い立場のものに一番しわよせがやってくる。
 政府も、景気対策を言うなら、銀行や大企業だけでなく、労働者の生活を守る対策もしっかりやってほしいものである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
株価暴落本当の犠牲者は はっちいの気ままなひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる