はっちいの気ままなひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲームセンター化している私のパソコン、でも

<<   作成日時 : 2008/05/19 19:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 私は時々このブログで、レトロゲームの思い出について書いているが、今回はその番外編といったところだろうか。
 私が、ビデオゲームにはまっていた、1980年〜90年代前半にかけては、ゲームセンターでできるゲームをほぼ完璧な状態で、家庭で行うことは夢のまた夢であった。それに比べれば今の時代はなんて幸せなことか。
 少し前、レトロゲームがちょっとしたブームとなり、各メーカーから復刻版ともいえる、レトロゲームの名作ばかりを集めたオムニバス形式のソフトが多数出た。
 それを可能にしているのが、エミュレータの技術がある。簡単に言ってしまうと、パソコンの中に別のマシンを擬似的に再現する方法である。私のような素人が考えると、そのようなことをすれば、動作が重くなってしまうんじゃないかと思ってしまうのだが、いまやパソコンやゲームマシンの性能が、80年代に比べれば飛躍的によくなったから問題ないようである。

 しかし、どんなに家庭でできるようになったからといって、やはり、ゲームセンターでお金を100円入れて行う迫力、臨調感、それは再現できない。ずらっと並んだマシンの壮観さ、さまざまなマシンから出る音が一体となった独特の騒音、画面からでるきらびやかなグラフィック、その中から自分のお気に入りのマシンを見つけ、店の自販機で買った缶コーヒーを(冬でも冷たい)脇に置いて、心ゆくまで楽しむ。あの感覚までは、いくらエミュレーション技術が発達したとしても、再現できるものではない。
 しかしながら、最近はビデオゲームが主体のゲームセンターが少なくなっている。残念だが、採算性のことを考えればしかたがないだろう。長岡市では、かろうじて1軒のみ、昔ながらの雰囲気を残しているゲームセンターが残っている。今は休みの日ぐらいにしか行けないのだが、いつまでも残っていてほしいと願う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゲームセンター化している私のパソコン、でも はっちいの気ままなひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる