はっちいの気ままなひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 楽しかった思い出にひたれる?スーパークイックス

<<   作成日時 : 2008/03/17 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今回取り上げるスーパークイックスは、1987年に、カネコ製作所が開発し、タイトーが発売した作品である。前作クイックスのリメイク版で、基本的ルールは同じで、決められた面積を囲めばいいいわゆる陣取りゲームであるが、有利になるアイテムが出現したり、キーワードを集めればクリアできるなど工夫が見られる。それからなんといっても、前作クイックスは、シンプルな画面で、クールな世界観をかもし出していたが、ボスがキモカワイイキャラに変更され全く違う世界になってしまった。でも、私は嫌いではないが。

 しかし、私がこのゲームを思い出として取り上げたのは、単にゲームの内容がよかっただけではない。

 仙台に在住していた時、学生生活を過ごしていた山形県庄内に、年に数回ドライブに出かけていた。行くところはだいたい決まっていて、昼過ぎに仙台を出発し、寒河江のチェリーランドや月山ダムの大噴水を見ながら鶴岡に行き、湯野浜温泉から海岸線をドライブし、由良海岸で夕陽を堪能し、三川温泉につかって疲れを癒し、酒田の銀華飯店でボリューム満点のチャーハンと野菜炒めを食べ、最後に酒田レジャーランドでゲームをして、夜中の月山道路をドライブしながら帰る。というのが定番だった。
 その酒田レジャーランドにスーパークイックスがあった。この酒田レジャーランドは2階建ての広い建物で、1Fは最新ゲームやUFOキャッチャーなどがあり、休憩スペースもあってにぎわっていたが、2Fは一転して広大なフロアにメダルゲームコーナーとビデオゲームが新旧問わず5、60台並んでいて圧巻だったが、客はいつも片手で数えるしかいなく、ほぼ貸切状態だった。ここで、最低でも1時間、へたすれば2時間以上はいただろうか。熱中しすぎて時計を見てビックリというのはいつものことだった。
 ここに来ると、スーパークイックスは必ずやっていた。したがって、このゲームをやるとこの酒田レジャーランドのことが、いつも思い出される。今思えば相当無茶なことをしたが、このミニ旅行をすると、不思議と悩みも吹き飛んで、またがんばろうという気持ちになっていた。思い出の地を回り、最後は好きなゲームを心ゆくまで楽しんで、学生時代の希望に満ちていた気持ちを取り戻していたのかもしれない。この酒田レジャーランドは、国道7号線沿いにあったが、やっぱりというか、もう10年前ぐらいに廃業した。突然なくなってしまってガッカリしたが、この庄内通いはしばらく続けていた。
 この、スーパークイックスはPS2のタイトーメモリーズ2上巻に収録されている。また、PCではタイトーレジェンドに収録されている。機会があったらお手にとってほしい。</ASIN>タイトーメモリーズ2 上巻<
タイトーメモリーズ2 上巻

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
楽しかった思い出にひたれる?スーパークイックス はっちいの気ままなひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる