はっちいの気ままなひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 新潟―佐渡空路撤退に思う 地方の活性化とは

<<   作成日時 : 2008/02/28 22:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 新潟―佐渡間に空路を運行している旭伸航空が、今年の9月をもって撤退することを正式に発表した。新潟県と佐渡市は、後継の運行会社を探す方針とのことだが、名乗りを上げる会社があるのか、見通しは暗い。
 佐渡に行ったことがない、ましてや、佐渡空路を使ったことがない私が、こんなこと言う資格はないのかもしれないが、大変残念である。ぜひとも、存続してほしいと思う。
 今、地方の活性化のためには、道路が必要だという議論がされているが、地方の公共交通をどう維持・発展させていくのか、という議論も同じぐらい必要ではないだろうか。そのような議論はされていないと思う。
 年間5、6兆円とも言われている道路特定財源。このうちのほんのごくわずかでも、佐渡空路維持のための補助金にまわれば、廃止という事態は免れるのではないだろうか。そんなことを思うと、関係ないだろうと言われるかもしれないが、やっぱり道路特定財源は一般化して、地方の実情に合わせて、自由に使えるようにした方がよいのではないかと思う。
 それとも、道路特定財源で、新潟と佐渡を結ぶ、海上橋か海底トンネルでも作った方が活性化するとでも言うのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新潟―佐渡空路撤退に思う 地方の活性化とは はっちいの気ままなひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる